第二回出展作家 ONE

前回の反省を踏まえ早めにスタートした筈でしたが、余裕があり過ぎて遅れ気味です。
タイムスケジュールで比べると去年はすでに印刷に入っていましたが今年はマダマダこれからです。
でも、我々実行委員はそんな事にもメゲず13日(土)に集まりボチボチ出展者の最終(多分)決定にこぎつけました。
今回初参加の作家さんもけっこういるので開催までの期間を利用して少しずつ紹介していこうと思います。



岡島 光則     陶の器

岡本 和敏(天神窯) 彩瓷、辰砂、染付や練り上げによる作品を中心に作って
          います

香西 三樹     備前焼、その伝統に固執せず自然体で作陶しています

宝田あすか(pole pole) 普段使いのエスニックな器を作っています

DON & YUKO    和とサウスウェスタンのスタイルを取り入れた器です

濱田 伸一(鶏尾窯) 地元の山土中心の焼締、自然のスケッチを丁寧にする
          ことを心掛けています

林 淳子      磁器の器、花入etc.

三宅 玄祐(CLAY STUDIO GENN) 時間経過的内外変化陶表現器

山下 今朝吾(鬼備窯) 器とあかり

渡辺 篤(岩谷窯)  備中青瓷を中心に、生活を豊かにする器の提案を
          しています

海老天たまこ    毎度、馬鹿馬鹿しい土鈴でございます

赤字は新規出展者です
[PR]
by made-in-kurashiki | 2013-04-17 15:43 | 出展作家